ハートが開くと音が変わる!

英語の勉強が楽しくて、TED Talks をよく聞いています&見ています!

プレゼンは、多くの人にその内容をわかりやすく伝えるツール。

言葉と同時に存在している情熱のエネルギーを、右脳でキャッチできるように思います。


指揮者のBenjamin Zander(ベンジャミン・ザンダー)さんのTEDが素晴らしいのですが、

皆さんご存知ですか?


音楽をするって、人に伝えるって、いったいなんなのか・・・

一生懸命没頭して、練習練習・・・となっていると、集中とはまた違って、

なんか閉じて行ってしまうもの、ありませんか??


ベンジャミンさんは、愛と情熱のエネルギーのかたまりのようなお方(*‘∀‘)

パワー全開で、ひとりひとりのワクワクと輝きを、ハートから引っ張り出してくれます!



動画は20分ほど(日本語字幕あり)です♪

クラシック好き嫌い関係なく、興味あるなし関係なく、音楽をやっているやっていない関係なく、誰が見ても、ハートが開きますよ(*^-^*)



絶対見てー(*ノωノ)!!



そしてもうひとつ、こちらはバッハの公開レッスンです。

チェロ演奏者の彼が、ベンジャミンさんの声掛けでどんどんと音楽が変わっていく様!

(日本語字幕はありませんが、音楽家は理解できるはず♪)


ここが肝心な所なのですが、

決して、ありがちな情熱論だけではない!!


ポリフォニーや和声進行の理解がしっかりとベースにあり、リズムやメロディーを体で理解して、はじめて聴く人に伝わる音楽になる


プロフェッショナルな音楽の真髄ですね!


世の中のレッスンが、全てこうあれば、きっと世界は平和になる(笑)

でもって、やっぱり、クラシック音楽は素晴らしい。