「なんかちがう!」という感覚

深い集中状態で練習していると、必ず、「なんか、ちがう」という感覚が発生します。

ひとつの音にこだわる。

この音は、もっとこういう響きにしたい!

フレーズの頂点への持って行きかた。
下降する際のエネルギーの微細な変化。


なんか、ちがう!



ハマってない感じ。



私は、この気持ちが発生した時こそ、「よし来たぞー!」と、やる気になります。
なぜなら、しっかりと深い所で音楽に向き合っている証拠だから。



とっても、大切なことです。


その気持ちが発生するってことは、「こうしたい!」という自分の理想があるからこそですもんね。



自分のやりたい音楽がある。



ピタリとハマるまで、練習する、し続ける、という日々を送ります。


それを人は、努力と呼ぶのでしょうか??
はたまた、芸術に携わることの醍醐味とも言えるでしょうか(*^^*)


小さい生徒さんたちには、「譜読みは練習ではないよー」と、かなり厳しい事を言う私(笑)

譜読みが出来てからが、本当の練習。
そこからが、音楽の醍醐味です。


どうしたら、思うように弾けるようになるか。腕や手首の角度をポイント的に探しながら何度も弾く。脱力と筋肉の収縮のバランスを確かめながら、手の配置で鍵盤状を探っていくということをしています。


繰り返し、何度も何度も。



作品に深く向き合う事と、自分に向き合う事は、全くもって一緒だなぁと、いつも思います。

だからこそ、芸術性の高い作品を弾くという事が大切だと思います。

練習しながら、ピタリとハマるところまで持って行く日々というのは、常に自分自身の感情をコントロールする事にもなるし、精神的なものにどれだけ繋がっているかな?という事が明らかになりますね(^ ^)


最後は、自分の感情と精神のコントロール。



人生と同じですな!