自分の事にしか興味がない?!


世界で起きている事や、政治に興味を持たない音楽家は多いです。今回のコロナの騒動で、以前から思っていた事が、確信に変わりました。

自分の事には物凄く興味があるけれど、「社会や政治の中にいる自分」という概念が無い人が多い。


「自分は夢を売っているから、政治とか世の中のネガティヴな事にエネルギーを使いたくない」という考えを持つ人、あとは常套句として、「政治家には期待していない」と、考えることすら放棄している人。


いい悪いの話ではなくて、実際、世の中を見ずして夢見心地な音楽をしていても、少しづつ社会からは浮いていってしまう。若い時はそれでも様々な理由で需要はあるが、年齢を重ねていくと、シビアに結果が見えてくる。

自分の事にしか、興味がない。


クラシック音楽は、再現芸術。特に演奏家は作曲せずして、演奏だけで再現する。その演奏家が、「自分のプライベートや、自分が前に出る事、目立つ事だけ」に興味を持っているとしたら、そこから発信されるものって、いったい何なんでしょうか。。

クラシック音楽の深さや精神性、心のひだを、そのスタンスにいる演奏者が表現する事が出来るのか。表面だけのキラキラを目指しても、結局は中身がない、、とさえ思ってしまう。演奏は嘘をつけない。

とはいえ、見た目のキラキラを追っている聴衆さんもおられて。。。皮肉にも需要と供給が成り立っている世界も、音楽界の一部にある事は事実。


当時の作曲家は皆、社会情勢の混乱や、理不尽な政治の中で戦いながら、声をあげながら、仲間で集まっては熱く語りながら、葛藤の中、作品を残してきました。実際に、批判を公に言葉にすると捕まってしまう時を生きた作曲家もおり、彼らは声にできない思いを音符に暗号として記しました。


今回、コロナの騒動で、両極にあるものを目の当たりにしました。日本人独特の幼稚さって、一体どこから発生したものなのでしょうか。

深く考えないようにさせられている?バカにさせられている?


豊かさと治安の良さがあるがうえ、眠りにつかされた私たちは、大きな力に洗脳されている事にすら気付いていない。情報は操作され、私たちの脳は知らず知らずのうちにコントロールされている。

日本はどうなるのかな?
今後どうなると思いますか?


そんな私も、日本人ですが(笑)
常に考える人でありたい。