手のひらの筋肉"ロシア奏法"

ピアノというのは、同時にたくさんの音を鳴らすわけですが・・・

そこに《技術の差》が出ると同時に、センスの見せ所!!ではないでしょうか?

全ての音が同じ音量、同じ音圧で鳴ってしまうと、響きが潰れてしまいますね。

全部の音が混濁してしまうと、ポイントとなるメロディーやハーモニーが、

他の音に混ざってしまい、不鮮明な演奏になってしまうんです。


各音の響きのバランスを、コントロールできるようになると、

立体的な演奏をすることが可能になります。

 

そこで必要になってくるのが、手のひらの筋肉です。


 右手、手のひら側の写真です。 

【オレンジ、緑、赤、水色(紫)】 4カ所をポイント的に意識します。

①オレンジの囲み⇒ V字の筋肉

特に、《小指側の筋肉》は、ピアニストにとって重要な筋肉です

意識してこの筋肉を使うようにすれば、どんどん育って、大きく強くなっていきます。 

「5の指」をいかに響かせるかの重要性は、ピアノを弾く人なら必ず気になる所ですよね!

 5の指が響かないと感じていたり、そう指摘されることが多い方は、ここの筋肉が使えていない場合が多いです。 

同時に、対角線上にある《親指側の筋肉》も常に意識する事で、手のひらの支えを保つことが出来ます。


 ②緑の2本線⇒ 手首の腱(けん)  

2本の腱が浮き上がっているのが見えると思います。
腱とは、骨と筋肉を繋いでいる部分のこと。

(アキレス腱の場合:ふくらはぎの筋肉から踵の骨を繋いでいますよね!) 

手首の腱は、前腕の筋肉から繋がって、指(手のひら側)まで到達しています。

 この腱を支えにすることで、腕の重さを上手にコントロールします。

 ちなみに、筋肉が太くなると、腱も同時に強くなります。 


 ③赤のポイント⇒指の第3関節 

第3関節から指を曲げるのが、ロシア奏法の特徴です。

第3関節を曲げる時に使う筋肉は「虫様筋」と言います。 

この虫様筋を使い、手の中にグッと空気を集めるようにします。

例えばアルゲリッチは、常にこの状態で弾いています!! 

ホロビッツは、指を伸ばして弾いていますが、決して脱力しているわけではないのです。 

実際には、この虫様筋を緊張させた状態で指を置くように弾いてることがよくわかります。

 この状態で弾いてみると、②で書いた、手首から前腕の腱と筋肉が連動している体感があります。 


④水色・紫⇒1の指の扱い方

1の指だけは、ほかの指と違う場所についているので、使い方が重要です。

この三角ゾーンの筋肉は中指から始まっています。

 この三角を開いた状態で1の指を、少し建てるようにして使います。

こうすると、腕からの繋がりで1の指を扱えるようになるので、とても楽に弾けます。

 例えば、内声を響かせたいときや、1の指と2の指の連係が必要な時。

このポイントができると、2の指の第三関節が持ち上げやすくなりますので、

2の指をドスンと押し込んでしまう方、その問題もこれで解消されますよ!