背中も使って弾く!

レッスンでお伝えしている事の1つが、「胸を長方形に開いて、背中から弾く」ということ。

手や手首、腕の重要性はもちろんなのですが、それらを身体にとって自然に動かす上で不可欠な存在が、肩甲骨や胸郭なんです。


①胸郭を開きます。(長方形をイメージ)

②腕は肩からではなくて、肩甲骨から動かします。

③肩甲骨から指先までの、連動で弾きます。


肩甲骨も参加させて!

背中を感じて!


などなど、その時によって声がけは変わりますが、これをやるかやらないかで、演奏が大きく変わります。


人間の骨の構造を解剖学的に見て、合理的に身体を使います。
無駄な動きや力を必要としないので、省エネです!

疲れないのに、とてもよく弾けます。
指の周りも良くなります。
音の鳴りも変わります。
ボヤけていた響きが、ピーンと立つように。

そして、ピアノと丁度良い距離ができるので、その事により自分の音が良く聴こえます。響きやニュアンス付けに集中できる感じ。

そう!そんな矢先、タイムリーにとても素晴らしい本が発売されていて、購入しましたら、レッスンでお伝えしている事がそのまま書かれており、とってもびっくり!そして、嬉しく、安心しました(笑)


「ピアノ 骨体操」で是非、ご検索を!
とってもわかりやすく解説されていますし、骨体操が気持ちいいです( ´ ▽ ` )


実は、この《古武術的な骨の動かし方》は、友人に動画をシェアしてもらい、一時期よく見ていました。古武術の本も買い、部屋でナンバ歩きもしてました(笑)

ピアノって、瞬発的に、細かい筋肉を繊細に使い分ける瞬間芸のような所もあります。身体の使い方という意味で。

無駄な動きをいかに減らすか。

筋肉の疲労を最小限に、瞬発的に骨をどう動かす(使う)か。



古武術の時代きたー!!٩( 'ω' )و